サイトメニュー

女性

その場に向かうと発症

新型うつ病という病気があります。それは普段は何事もなく生活できるのに、仕事や学校に行こうとすると症状があらわれ、行くことができなくなります。しかし本人も周囲も新型うつ病だと気づかず、病院で診断を受け初めて病気だと知る人も多くいます。

詳しく見る

男性

鬱病の治療法と症状

うつ病の治療は、大きく分けて3ステップに分けられます。しっかりと休養を取りながら、根気強く治療を行っていくことが大切です。また、セルフ診断や初期症状によってうつではないかと感じたら、すぐに専門病院へ行くようにしましょう。

詳しく見る

女性

信頼関係が重要になります

うつ病を完治させる為には、自分と相性の良い医師が在籍する病院で治療を受ける事が必要です。更に治療には家族の協力と理解が不可欠です。精神科や心療内科で家族にうつ病と診断された人がいても慌てずに治療に適した環境づくりを心がけます。

詳しく見る

自分のメンタルケア

カウンセリング

正しいケアが大切です

「病気を予防するために購入したものは税金を控除する」というセルフメディケーション制度が2017年に導入されました。このことからもわかるように、昨今は予防医学が注目を浴びており、病気にならないための体やメンタルケアに力を入れている人が増えています。一見予防方法がないと思われがちなうつ病ですが、自分で予防するための対策やケア方法があることをご存知でしょうか。まず予防方法として挙げられるのはストレスを溜めないということです。鬱を始めとしたメンタルヘルスを経験した人というのは、必要以上の責任感から生まれるストレスや、完璧さや理想を実現できないことで自分を責めることがきっかけになったというケースも多くあります。ストレスや負荷というのは誰にでもあるものなのですが、いかに上手く付き合えるのかというのは重要なポイントです。ストレスケアやイライラとの付き合い方がうまいかどうかを診断するサイトやチェックテストを受けてみるのも良いかもしれません。自分なりの方法で良いので、イライラや不安と付き合う方法を確立することが、病気を予防するために役立つのではないでしょうか。さらにいえば、自分がうつかもしれないと思ったら、病院での診断を受けてみるのも良い方法です。病気が進行して長期間のケアが必要になる前に対策しておくこと、逆にその可能性があるかどうかを調べる意味でも適切な診断や診察をうける方法が有効でしょう。自分との向き合い方は人それぞれで正解がないからこそ、日頃から模索することが大切なのです。「もしかしたら自分は病気かもしれない」という気持ちを抱くと、とても不安になってしまうものです。人によっては恐怖を感じて、病気から目を背けたいと思う人もいるでしょう。しかし、早期に治療を始めたり、病気になりやすい傾向があると分かったりしたらその分ケアもできますし、必要以上に不安を感じずに病気と向き合うこともできます。うつ病に関してもこれと同じことが言えますから、偏見を持たずに診察や診断を受けてみるのはいかがでしょうか。たとえ鬱状態だったからといって、心が弱いだとか、ストレスを解消できないというわけではありません。環境やその時々の周囲との関係性でも心の状況は変わるものですから、誰でもうつになりうる可能性があります。ちなみに、病院で診断を受ける場合は、心療内科やメンタルクリニックなどで診察を受けるケースがほとんどです。電話やメールで予約をして、医師と1対1で話し合いながら心の状況を見ることになりますが、事前に問診票に回答することになります。問診票の内容を参考にしながら医師は診断をくだすため「医師と上手く話せるか分からない」という場合には問診票にそうした自分の気持ちを書いておくのも良いかもしれません。病院に行くというのは恐怖心や不安感もあるかもしれませんが、その場合には信頼できる人と一緒に行くのも良いでしょう。大切なのは今の自分がどのような状況なのかを正しく知り、必要なケアを速やかに始めるということです。悩んでいたりつらい状況だったりから脱するためには病院でのケアを受けることが何よりの解決策になります。

人気記事

女性

その場に向かうと発症

新型うつ病という病気があります。それは普段は何事もなく生活できるのに、仕事や学校に行こうとすると症状があらわれ、行くことができなくなります。しかし本人も周囲も新型うつ病だと気づかず、病院で診断を受け初めて病気だと知る人も多くいます。

詳しく見る

男性

鬱病の治療法と症状

うつ病の治療は、大きく分けて3ステップに分けられます。しっかりと休養を取りながら、根気強く治療を行っていくことが大切です。また、セルフ診断や初期症状によってうつではないかと感じたら、すぐに専門病院へ行くようにしましょう。

詳しく見る

女性

信頼関係が重要になります

うつ病を完治させる為には、自分と相性の良い医師が在籍する病院で治療を受ける事が必要です。更に治療には家族の協力と理解が不可欠です。精神科や心療内科で家族にうつ病と診断された人がいても慌てずに治療に適した環境づくりを心がけます。

詳しく見る