サイトメニュー

鬱病の治療法と症状

男性

治療のステップと注意点

ストレス社会と言われている現代、うつ病になってしまう人はたくさんいます。発症してしまったら、すぐに病院へ行って詳しく診断してもらい、治療を開始しましょう。治療は、主に3ステップに分かれます。ステップ1は、診断からおよそ三か月程度の時期に行う投薬治療です。抗うつ剤と呼ばれる、症状を緩和する薬は治療の基本で、ほとんどの場合に処方されます。それを飲みながら少しずつ体を慣らしていき、諸症状の緩和をはかって心をコントロールしていきます。効果がしっかりと現れるまでは時間がかかりますので、根気強く飲み続けることが大切です。ステップ2は、4か月〜半年程度に行います。投薬によって症状が治まってくると、今度は調子の良い日と悪い日を繰り返すようになってしまいます。このような一進一退を繰り返しながら徐々に回復に向かいますので、調子が悪いからといって焦りは禁物です。引き続き抗うつ剤を服用しつつ、無理のない生活リズムを取り戻すようにつとめましょう。ステップ3は、発症から1〜2年程度の時期に行い、再発防止期とも呼ばれます。うつは再発がしやすいという特徴があるため、完全に治ったとは考えず、常に緊張感を持っておくことが大切です。医師に指示されている期間は勝手に薬の服用をやめないこと、調子が悪い日はしっかり休むこと、などが大切です。こうして時間をかけていくことで、再発もしにくくなり、うつから完全に逸脱出来るようになります。このような3ステップが、基本的な治療な流れになり、1〜2年かかるのが一般的と言われています。うつになってしまったら、自分は何てダメな人間なのだと常に考えてしまうようになります。そうなると、せめて仕事や家族には迷惑はかけられない、と感じ、ますます無理をして頑張るようになってしまいます。しかし、うつの治療にとってとても大切なのは、休養です。頑張ろうとせず、仕事の休職措置を取ってもらったり、育児や家事を周りの人に一時的に任せたりなど、まずは自分がしっかり休むことを考えましょう。頑張らなくて良い、休んで良い、と感じると、つらい症状がすっと良くなることもあります。休養も大切な治療の一つですので、休養を甘えととらえず、堂々と休みましょう。また、うつと診断されたら、すぐにそれを受け入れることも大切です。自分が精神疾患になるなんて、と現実を受け止めずにいると、その現実が心に重くのしかかり、さらなる症状の悪化を促してしまいます。自分は病気である、ということを素直に受け止め、治療して早く元気になろうという思考への切り替えを素早く行いましょう。また、初期症状について知っておくと便利です。倦怠感や疲労感を慢性的に感じるようになる、何をしても楽しいと感じなくなる、眠れない、食欲がわかなくなる、などは典型的な初期症状の一部です。このような状態が続いたら、うつではないかと疑ってみましょう。早めに気づいて早めに治療することが、元気な心と体を取り戻すために一番大切なことです。病院へ行くまえに、自分でセルフ診断することも出来ますので、怪しいと感じた場合にはやってみるのがおすすめです。